TERA通信

  • TOP>
  • コミュニティ>
  • TERA通信

ブルーの開発ノート

ブルーの開発ノート ~Vol.26~

  • 日付:2012/12/27
  • 閲覧数:1988

Vol.26★2012年12月27日掲載

 

-<ブルーの開発ノート第26回 - さよなら、2012年。君を忘れはしない!>

 

 

TERAをプレイいただいているお客さま、こんにちは。Bluehole StudioでTERAを開発しているブルーです。

 

2012年の始まりが昨日のように思われますが、すでに年末になってしまいました。
本当に「光陰矢のごとし」が実感させられますね。皆様は今年をどのように過ごされましたか?
年初の計画を達成した方もおり、もう少し努力が必要な方もおられると思いますが、

皆様が幸せな年末を過ごせたらと思います!

 

クリスマスも過ぎましたが、皆様には大きなサプライズ発表がありましたね。
それは、TERAの無料化宣言!(ドン) 
サービス開始から約1年4ヶ月が経過し、無料化してTERAのサービスを提供することになりました。

 

サービス開始から月額課金タイトルとしてサービスを続けてきましたが、
もっと多くの方に気楽にTERAをお楽しみいただけるように無料化することになりました。

 

今後のTERAがどのように変わっていくかについては、メンバーズサイトの告知や

ニュースサイトに掲載される日本運営プロデューサーインタビューをご確認ください!

 

韓国でも日本の発表と同じ日に無料化宣言が行われました。
記者会見も開催し、たくさんのメディアから熱い関心をいただきました。
この日のプレゼンテーションで公開された情報を皆様にもお届けいたします!

 

 

 

従来の政治システムを一新した大規模コミュニティシステム、「連盟」が新しく適用されます。
この「連盟」は従来の領主とは異なり、大陸全体を治める権限が与えられます。

 

その他連盟への侵攻などで貢献度を稼いだギルドのマスターが「執政官」に就任し、
その下に司令官や精鋭連盟員などの補佐職を置いて、構成員にバフをかけたり税金を徴収することができます。

 

特に領単位で任命されていた領主より、大陸を治める執政官は収められる税金の規模が桁違いになります^^;
果たしてどれほどなのかはアップデートまでしばらくお待ちくださいmm

 

 

「連盟」アップデートと共にTERAの重要な変化となる「ノクタニウム(仮)」です。
強力な力を有しており、これを多く持つ者は強い権力を手にすることができるという、

ストーリーの鍵となります。

 

ノクタニウムを精製すると特別なアイテムが得られ、
使用することでスキルのダメージ・持続時間・クールタイムなどの各種能力が強化されます。
ダメージの場合は既存スキルダメージより15~20%程度上昇しますので、
使い方によって戦闘を有利に導くことができるようになります。

 

ノクタニウムは各連盟が保持している抽出機で供給されており、
この抽出機を他連盟の領地に侵攻して奪うのが連盟員として重要なミッションの一つになります。
ノクタニウムは連盟駐屯地でクエストを遂行すると入手することができます。

 

 

 

新しいインスタンスダンジョンも追加される予定です。

10人及び20人以上のレイドコンテンツも製作しており、Lv58最上級インスタンスダンジョンだった

「ケルサイクの巣」を大規模レイドコンテンツとしてリニューアルする計画を立てています。
また、攻城戦の概念を持つ新しい戦場、「砲火の戦場(仮)」も準備中です。
攻城兵器や飛空艇など、乗り物を利用した新しい戦闘・戦略・面白さをお届けできるように製作中です。

 

日本でのアップデート時期については、メンバーズサイトでお知らせしますのでご期待ください!

 

そして以前の記事でイラストを公開しました「エレメンタリストの精霊外見の変更」について、
精霊たちのモデリングデータが完成しました!
今回の記事ではその精霊たちのスクリーンショットを公開します!

 

イラストでご紹介した精霊たちが、ゲーム内に現れたのを見たときは感無量でした(涙)。
日本サービスにできるだけ早く実装できるよう、ただいま頑張ってテスト中です。ぜひご期待くださいね!

 

最後に、イラストタイムです!

 

 

2012年はTERAをご愛顧いただき、本当にありがとうございました。
そして少し気が早いですが、あけましておめでとうございます!

 

2013年もTERAとブルーの開発ノートをよろしくお願いいたします!

来年も頑張りますのでたくさんご応援ください!

 

ありがとうございました!!

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

◆運営チームより◆

 

お寄せいただいたご意見は、開発会社「Bluehole Studio」に全て伝達しております。
その中で、開発者ブルーが可能な範囲で回答したものを
今後、運営チームで掲載させていただく予定です。

 

※当告知内容は2014年8月17日以前にNHN PlayArt様にて作成されたものです。


home
jump