TERA通信

  • TOP>
  • コミュニティ>
  • TERA通信

ブルーの開発ノート

ブルーの開発ノート ~Vol.11~

  • 日付:2012/01/27
  • 閲覧数:1334

Vol.11★2012年1月27日掲載

 

-<ブルーの開発ノート第11回
  -サーバー間パーティーマッチングの説明及びウォーリアーの役割について>

 

 

TERAをプレイいただいているお客さま、こんにちは。Bluehole StudioでTERAを開発しているブルーです。

 

もうすぐ「サーバー間パーティーマッチングシステム(以下、サーバーマッチング)」と
新しいインスタンスダンジョン(以下、ID)が実装される予定です。

 

サーバーマッチングは今までパーティーの組みづらさをご指摘くださった

皆さまのために考案されたシステムで、自分のサーバーだけではなく、
他サーバーのプレイヤーと自動的にIDのためのパーティーを組むことのできる画期的なシステムです。

 

このサーバーマッチングは難しい操作の必要はなく、
パーティーウィンドウでボタンをクリックするだけで自動的にマッチングをしてくれるうえ、
サーバーマッチングを利用した時は利用者に2つのメリットが提供されます 。

 

まず、サーバーマッチングを利用してパーティーを組んだ時は、人数に応じて強化バフが発生します。
やはり知り合いではなく初めての人とパーティーを組みますので、

連携がうまく行かないなどの問題があり得ますが、強化バフを発生させることによって

なるべくそのような部分のストレスを減らせるようしました。

 

そしてもう一つは、サーバーマッチングを利用してIDをクリアすると、報酬が与えられます。

これはIDモンスターのドロップアイテムとは別途で支給されるアイテムです。
IDクリア後にメールで届きますので、サーバーマッチングの利用後はぜひメールを確認してください^^

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

このサーバーマッチングを導入するに際して、一番悩んだのは「ウォーリアーの役割選択」でした。

 

私たちは当初、「ウォーリアーはタンカーとアタッカーを兼ねるハイブリッドクラス」
というポジションで開発を進めてきましたので、
最初はポジションを選択して志願できるように設計をしました。

 

しかし、ウォーリアーのタンカーを好まないプレイヤーも実際には存在するという懸念のため、
もしかしたらサーバーマッチング自体が冷遇される可能性があるというリスクが

開発の過程で内部から提起されました。

 

もちろんプレイヤースキルが高いウォーリアーが来たら問題はないでしょう。
ですが、操作やダンジョンの熟練具合は人それぞれの部分もあるので、そうではない可能性もあります。

 

パーティーメンバーはウォーリアーかランサーかを選ぶことができませんので、
サーバーマッチングを利用したプレイヤーに使いづらい印象を与え、
それによってシステムを利用していただけなくなるという問題です。

 

短い開発スケジュールの中で私たちは選択せざるを得ませんでした。

 

そこで私たちが選んだ結論は、「サーバーマッチングの導入初期には

ウォーリアーをアタッカーとしてのみ参加できるようにする」ということでした。
そして現状引き続き準備しているのがウォーリアーのタンカー志願を可能にする機能です。

 

しかし、タンカー志願を可能にするとしても、ウォーリアータンカーが

タンカーとして立ち回る際の操作の難しさなど、根本的な問題が解決されてはいませんので、

ウォーリアーのタンカー機能を上昇するパッチを併せて準備しています。

 

ウォーリアータンカー機能上昇で一番核心になる能力は「位置固定でのタンク」だと思います。
TERAの特性上、できるだけ位置を固定してタンクをするほうが安定する局面が比較的多く、
これがウォーリアータンカーを好まないという方たちの一番の理由だと思っています。

 

他にもタンカーとして必要な能力も追加してタンカーとしての操作難易度を引き下げ、
今までより安定したタンクを可能にするのが私たちの目指す目標です。

 

そしてこれがなされた時にサーバーマッチングでの
タンカー・アタッカーを選択可能にして志願できるようにするのが今後の計画です。

 

現在、サーバーマッチングでウォーリアーがアタッカーとしてのみ志願できるようになっていても、
これは一時的な措置であり、私達がウォーリアータンカーを諦めたわけではない事を

今回お伝えしたかったんです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

最後に、前回の記事で言及しました
「バーサーカーの必殺の紋章のクリティカル確率が説明とは違って、

実際には2倍ではない」ことについて考えていると申しあげました。

 

これはお待ちいただいた皆さまには申し訳ございませんが、説明を修正する方向に決定しました。

 

実際の性能を2倍に修正するにはクリティカル発生確率の公式を全面的に修正しなければならず、
これはバーサーカーだけではなく全クラスのクリティカル発生確率を調整し直すことになりますので、
短期間での対応が難しくなります。

 

ですので、まずは早く対応できる説明の修正を先に行い、
クリティカル発生確率は総合的なクラスバランス調整として時間をかけて再調整するという計画です。

 

クラスバランス調整は軽い問題ではありませんので、いつも解決に時間がかかります。
ウォーリアーだけではなくランサーも含めたタンカークラスの強化を進行していますので
今後もご期待くだされば幸いです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

そして皆さまにお届けする今回の画像です!!

 

 

以前にイラストレーターが書いたもので、まだお見せしていないものを引っ張ってきました!
キャスタニックがドーナッツでエリーンちゃんを釣り、エリーンちゃんはそれに釣られています。
無邪気なエリーンちゃんが可愛いです^^

 

ありがとうございました。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------

◆運営チームより◆

 

お寄せいただいたご意見は、開発会社「Bluehole Studio」に全て伝達しております。
その中で、開発者ブルーが可能な範囲で回答したものを
今後、運営チームで掲載させていただく予定です。

 

※当告知内容は2014年8月17日以前にNHN PlayArt様にて作成されたものです。


home
jump