ルールとマナー

  • TOP>
  • ルールとマナー>
  • 迷惑行為・ノーマナー

迷惑行為・ノーマナー

迷惑行為・ノーマナーとは、他のプレイヤーを故意に不利益にさせる行為、不快に思わせる行為を指します。
運営チームでは、具体的にどのような行為が迷惑行為にあたるのか明確には提示いたしません。

上記を踏まえ、運営チームにて不適切と判断する行為を確認した場合、当事者への事実確認を行った上で協議を行い、何らかの対応を行う場合がございます。
プレイ前に利用規約を十分にご確認の上、お楽しみください。

※このページで挙げている事項は一例です。
掲載されていない行為であっても、運営チームにて不適切と判断する場合がございます。

チャット機能を使用した行為

チャット機能はゲーム内にて他のプレイヤーとコミュニケーションを行うための機能です。
この機能を利用して、他のプレイヤーを不快にさせる発言はノーマナー行為に当たる場合がございます。
特に不特定多数が目にするような全体チャットなどを使用する場合は、多くの方へ影響を及ぼすため、慎重にご利用ください。
なお、利用規約第19条(禁止事項)4項にて制定させていただいております内容の発言を禁止しております。
該当の発言・行為については、事前の通告なしにログインIDの永久停止などの厳しいペナルティーが課せられる場合がございます。
利用規約はこちら

暴言/言いがかり

相手が不快に感じている意思表示を示しているにもかかわらず、発言を繰り返す行為は、迷惑行為(ハラスメント行為)に当たり、禁止行為となります。
運営チームにより悪質であると判断された場合には、ペナルティーの対象となる場合があります。

戦闘マップにおいて、意思の疎通ができない状態でのモンスターへの攻撃

キャラクターが何かしらの動作を行う、またはキャラクターやスキルが周囲に影響を及ぼしている状態においては、プレイヤーはその動作・影響に責任を持ち、即座に反応できる状態である必要があります。
ゲーム内チャットが通じる状況にて何かしらの反応を行わない場合は、プレイヤー不在によるプレイとみなす場合がございます。
運営チームにより悪質であると判断された場合には、ペナルティーの対象となる場合があります。

戦闘時における故意の妨害/割り込み行為

基本的にモンスターの所有権は誰のものでもありません。
そのため、モンスターを横から攻撃されたとしても、一概にノーマナー行為とは言えません。
ただし、悪質であると運営チームが判断した場合に限り、ペナルティーの対象となることがございます。

マップの一部、または全部を独占する行為、及び独占を主張する行為

戦闘地域での独占行為は禁止行為ではございませんが、お互いの話し合いの上、全ての方が気持ちよくプレイできるようにご協力ください。

モンスターを利用して、他のプレイヤーキャラクターに危害を加える行為

一部のモンスターは、キャラクターを見つけると攻撃をしかけてくる習性を持っています。
この習性を利用して故意に他のプレイヤーに危害を与えるような行為は、ノーマナー行為と判断し、ペナルティーの対象になる場合があります。

他のプレイヤーに対する故意のプレイ進行妨害

故意に他のプレイヤーの進行を妨害する行為はノーマナー行為に当たります。
悪質であると運営チームが判断した場合に限り、ペナルティーの対象となることがございます。

公序良俗に反する行為、それに関する言葉の使用

どのような発言が該当するかは明確にご案内できませんが、運営チームにより該当すると判断した場合は、ノーマナー行為としてペナルティーの対象となる場合があります。

つきまとい/ストーキング

その行為の対象となる方が「やめて欲しい」と明確に意思表示をしているにもかかわらず、繰り返し同様の行為を行うことは、 ノーマナー行為に当たり、ペナルティーの対象となる場合があります。

広報活動(TERAプレイ外の広告・宣伝・布教活動等)

「TERA」のプレイとは関係のない広告や宣伝行為を行なうことはノーマナー行為に当たります。
また、「TERA」ゲーム内において、特定URLの表記・誘導・勧誘行為は悪意の有無に関わらず禁止しています。

home
jump